HOME / フェザーリフトで消す方法

フェザーリフトで消す方法

フェザーリフトというものをご存知でしょうか。これは糸を使って行うたるみ治療の方法で、リフトアップの専門家のいる美容外科などでは行っているところもある治療法です。
でも、実は糸を使うと言ってもいろいろな方法があり、違いなどがよくわからないという意見も。
フェザーリフトについて、詳しく調べてみましょう。

切らない美容整形技術

糸を皮膚に通すことで、メスなどで切らない美容整形を行うという方法は比較的昔からありました。
ただ、切らないとは言え、肌に手術を行うことには変わりませんので、あまり簡単に考えるべきものではありません。治療が始まった当初に比べれば、技術も上がり、改良された専用の糸が開発されるなどしていますので、また徐々に注目されつつある治療法です。

引き上げと引き締め

糸を使うリフトアップには大きく分けて引き上げの手法と引き締めの手法とがあり、ほうれい線などたるみの治療には引き上げの手段が持ちられるのが一般的です。
引き上げにはトゲタイプの糸やコーンタイプの糸、ループタイプの糸などがあり、引き上げた組織を止める方法にもフローティングタイプと固定タイプとがあります。
また、溶ける糸と溶けない糸とがあり、溶ける糸はリスクが少ないですが持続性はありません。

問題はないのか?

フェザーリフトに対する利用者側の不満点というのは、実はいくつかあります。
短期間であったり、手術する部位が小規模であったりする分には比較的満足の行く結果が得られているのですが、中長期的に見ると効果の持続時間が短いという欠点があります。

また、手術を受ける側が想像しているよりも、あまり劇的な効果が得られず、すぐにたるみが戻ってしまうためにお金や労力に見合わないというのが問題です。
やはりメスを入れる美容整形手術の効果と比べると格段に差が出てしまうようですね。特に正面から見た時にほとんど変わった感じがしないので、正直なところ、結果に納得出来ない人も多いようです。

ページトップへ