HOME / ほうれい線対策~紫外線対策

ほうれい線対策~紫外線対策

ほうれい線が出来やすい肌を作らないためにも、出来始めてしまったところを挽回するためにも、紫外線対策は念入りにしたいものです。
日焼け止めは夏だけのものではないということを、あらためて認識したいですね。

春から夏場の紫外線対策

1年のうちで非常に紫外線が強くなる時期は、とにかく肌を露出しないでガードすることが需要です。メイクの前には顔全体に日焼け止めを塗って、日中でも2時間起きくらいに塗り直すくらいのマメな対応が必要です。
外出先での簡単な日焼け止めの塗り直し方法は、ティッシュなどで汗や皮脂を抑えた後、日焼け止めを塗ってファンデーションを塗るという重ね付けで良いでしょう。

ファンデーション自体にも、日焼け止めの効果があるものを選んだほうがより強力です。

秋から冬場の紫外線対策

春夏は確かに紫外線が強いですが、まだ自分でも意識して対策しようとするのでマシな部分もあるのです。
涼しくなって来た時から冬場にかけては気も緩みますし、「日焼け止めはもういいかな」と面倒になってしまう人も多いので、余計に注意が必要です。

紫外線は強弱はあっても1年中振り注いでいるものですから、夏場ほど強いタイプでなくてもいいので、日焼け止めの使用はやめてはいけません。
汗をかきにくいので2時間置きに直す必要まではありませんが、朝出かけたなら昼過ぎに1回塗り直しをしておけば安心でしょう。

アスタキサンチンに注目

紫外線ケアでチカラを発揮するのがアスタキサンチンという成分です。
甲殻類や鮭などの魚類に多く含まれる物質なのですが、赤い色素が光老化に対抗する物質で、肌を紫外線から守るのにとても大きな効果を発揮してくれることがわかってきました。

紫外線対策と言うと肌の上からガードすることばかりを考えがちですが、体内から必要な栄養素を摂ることでもしっかり対抗することが出来ます。紫外線で出来る活性酸素はvシミやシワの原因になりますので、ほうれい線対策としても注目したい成分です。

ページトップへ